弁護士が医療過誤の問題を解決、きっかけは相談から

医療過誤の中身

医療過誤についての相談

医療過誤かどうかの判断は、とても基準が難しくなっています。例えばですが、看護師が居る場の前で、ベッドから立とうと思って転げ落ちた場合、これも医療過誤になることがあります。なぜなら、看護師の注意不足が原因と考えられるからです。また診察の見落としで、早期発見できていれば、症状が悪化するような治療をしなくても良かった場合に関しても、医療過誤にあたります。このように考えると、日頃の何気ない看護師や医師のミスなどが医療過誤として捉えられることがほとんどです。医療過誤の相談は弁護士に出来ますが、そのときにはどういったミスによって、どのような被害や怪我を負ったかという証明や事実が必要となってきます。この事実を立証するのがとても難しいものとなっています。ですがまずは弁護士に相談しながら、解決へと進んでいきましょう。

医療過誤の相談をされるのは良い事ではありますが、なかなか立証することができないのが現実としてあります。こうしたことから、医療過誤と分かっていても、何もできないという方が多くおられると思います。看護師がミスをしたといっても、日々介護をうけている方であれば、その方に対して訴えを起こすなど、よほどの限りできないと思われます。医療過誤については、乗り越えなくてはならないことがたくさんあります。相手に対して訴訟を起こす決心がつかない方は、医療過誤について相談されてもそれ以上の進展はありません。今までもこのような事は繰り返し行われてきています。医療過誤訴訟は、このようなことから年間で見ても件数が少ないと思われます。

Menu