弁護士が医療過誤の問題を解決、きっかけは相談から

老若男女誰でも

医療過誤は誰しもに起きる可能性があるものです。

皆さんは「医療過誤」という言葉をご存知でしょうか。医療過誤とは医療ミスとも言われ、医師や病院側の過誤により、患者側に不利益が発生することを指しています。医療行為の誤りは時に生命に大きくかかわるほか、長い期間の後遺症につながる可能性もあります。もちろん、起きてはならないものですが高度な先進医療や美容整形など繊細な内容や患者側の要望と医師の疎通が不完全な場合、こうした医療過誤は起こり得ます。では、もしも私たちが医療過誤にあった場合、どのように対処すべきでしょうか。時として損害賠償請求を行うべき案件もあります。そうした時は相談できる専門家にまずはお話しを聞いてもらうことが先決です。一般的に医療に関する相談を行う場合弁護士、事務所に依頼することが多くなります。

医療の現場に詳しい専門家へ相談を行うところから始めましょう。

医療の現場は非常に素人には難しく感じるものです。専門用語も多いですし、医師資格や看護師資格がないとなかなか理解できない部分があります。医療全般の相談を受けることができる弁護士事務所の中には、医師資格を所持している場合や数多くの医療過誤自己に相談や訴訟を経験している弁護士が在籍しています。医療に関する訴訟では非常に緻密な医療に精通した証拠資料の作成が必要になります。資料の作成もできるプロフェッショナルに相談を行ことで、示談交渉や損害賠償に関する訴訟もよりスムーズになります。医療行為によって得た不利益によっては、家族が代理で相談や請求を行うこともありますので、親切な対応を行う弁護士事務所に相談を依頼すると良いでしょう。

医療過誤の相談に備えて患者側でも記録を

医療過誤という言葉をご存知でしょうか。以前は誤診とも言われていましたが、要するに医者もしくは病院側の医療ミスで患側に被害が出ることです。 日本は一般的に医療のレベルは高いほうですが、医者も人間ですのでまったくの完璧ということはあり得ません。 不幸にも自分に医療過誤が発生してしまった場合、弁護士や周囲との相談を行うことになるかと思いますが、その時に重要なのが記録です。病院側でもカルテを作っていますのでもちろん記録はあるのですが、より正確な状況を確認して、自分に不利な主張をされないように患者側でもそれを裏付けるための記録を取っておくと万が一の時の確認がスムーズに進むのです。 記録を取るのが苦手な方も多いかと思いますが、自分のためにもぜひ記録を取る習慣を身につけたいものです。

実際の記録を作ることへのアドバイス

患者側での記録といいますが、具体的にどのような内容を記録すればいいのでしょうか。 状況説明や内容について詳しければそれに越したことはありませんが、それより重要なのは相談された側がどのような医療過誤が発生していたのかを正確に把握できるようにすることです。 いわゆる5W1H、誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どうやって、を記録することが大切です。 これらを正確に記録することによって相談を受けた側も何が起きたかを把握しやすくなります。 もちろん医療過誤などに遭遇しないことが一番なのですが、世の中は何が起きるかわかりません。 繰り返しになりますが、自分の身を守るためにも、万一に備えて相談への準備は怠らないよう心がけたいものです。

Menu