弁護士が医療過誤の問題を解決、きっかけは相談から

掛かる費用

医療過誤に詳しい弁護士選びが重要な課題になると予想されます

医療機関側の過失によって、重大な被害を被った場合には弁護士相談を利用することが一つの方法になります。昨今では、このような医療過誤のケースを専門に引き受ける弁護士も出始め、相談態勢は以前に比べて整っています。近年は日本でも法曹人口が増える傾向にあり、弁護士事務所の相談サービスも充実してきているのです。医療過誤は、ほとんどの弁護士にとって難しいケースと言えます。医学的知識や経験が必要となり、実績のある弁護士でも勝訴率は必ずしも高くないというのが現実なのです。従って、こういった医療過誤のケースで納得のいく解決をしたい場合には、相談する弁護士を選ぶことがまずは必要になってきます。弁護士の質の低下が囁かれている現在では、相談する時点から弁護士を選んでいくことが重要な課題となっていくでしょう。

弁護士の実績や料金システムを把握して依頼を考えることが大切です

弁護士に医療過誤の仕事を依頼する場合に発生する費用は、弁護士事務所によって実際異なります。事前の相談費用、着手金などにおいては時に大きな差が発生することがあるため注意が必要です。着手金とは、弁護士に仕事を依頼した場合に発生します。この着手金はこれまで一般的な弁護士費用となっていましたが、最近はこの着手金を設けない弁護士事務所もあります。こういった弁護士事務所の場合には、一見費用が低額にも見えますが、実際は様々な諸経費などが加算され実質的な負担は他の弁護士事務所と余り変わらないこともある訳です。実績のある弁護士が在籍していない事務所の場合には、仕事を依頼しても満足のいく結果が得られないこともあります。従って、料金のシステムや弁護士の実績を事前に把握して弁護士事務所を選ぶことが大切になるのです。

Menu