弁護士が医療過誤の問題を解決、きっかけは相談から

裁判所

老若男女誰でも

病院を利用する人は多く、老若男女いるでしょう。医療過誤の問題に巻き込まれる可能性は、誰にでもあると言えます。自分や身近で医療過誤の問題が起きたときには、弁護士へ相談しましょう。

もっと読む

長く掛かる

医療過誤の問題が生じた場合には、法律のプロである弁護士に相談し、裁判を起こすことです。ミスの大きさに関係なく、医療過誤の問題を再度起きないようにする為にも必要なことだと言えます。

もっと読む

把握しておくこと

弁護士に相談をする際、訴訟の方法や手続き、支払う費用の金額など、把握しておくべき情報をしっかり把握しておくことで重要なときに悩む必要はないです。医療過誤の問題を相談するときには、手はずを習っておきましょう。

もっと読む

TOPICS

医療過誤の中身

医療過誤というのは医療ミスのことですが、それにはいろいろとあります。医療従事者の前で怪我をすることや、施す治療を間違えることも医療過誤にあたるでしょう。弁護士に相談をするときは、当時の状況を説明しましょう。

詳細を確認する

掛かる費用

弁護士に医療過誤問題相談をし、裁判を起こす際にはその為の費用が掛かります。その費用の内訳などは、弁護士に尋ねて目安をつけておくといいでしょう。弁護士選びの際は、費用や実績を考慮しましょう。

詳細を確認する

医療過誤の問題

美容整形手術をして、失敗もしくは違和感があるなどのトラブルが発生したら医療過誤の相談を専門で受け付けてる弁護士に相談しましょう。

医療過誤とはどういったものか

日進月歩の技術発達を見せる医療界は、人々が日々を健康に生きていく手助けをしてくれる、無くてはならない現場です。今では病院の数も相当数に上り、1つの病例をとっても実に多くの治療法が考えられ、実行されているのです。ですが、医療発達の裏に潜む問題もしばしば起こり、その一つに医療過誤が挙げられるのです。医療過誤とは、医療ミスとも言われ、医療を施す側の過失によって患者に何らかの不具合が生じることを指します。命に係わる病気の誤診を受け、高い医療費用だけでなく命まで奪われてしまったとすれば、これほど重大な問題はありません。医療責任が認められる場合には、医療側は刑事責任及び民事責任を取らなければなりません。つまり、法廷で争うケースも想定されるので、どこにどのような相談を持ち掛ける必要があるのかをしっかり把握してください。

弁護士への相談における留意点

では、どのような点に注意して医療過誤の相談に臨めばいいのでしょうか。まず、相談先は弁護士になるでしょうが、なるべく早く相談することが大事です。具体的な情報収集は弁護士に任せることになるでしょうから、情報収集の際に時間が必要になることを考慮し、早くから準備を進める時間を作る意味合いがあります。また、裁判を有利に運ぶために相談者と弁護士との間で意志疎通をとる必要もあります。こちらも早くからコミュニケーションをとることで、裁判での方向性が定まりやすいのです。では、医療過誤の疑いを持った本人ができることは何でしょうか。裁判の際には、証拠となる裏付けが物を言うのはお分かりでしょう。ですから、医療過誤が生じるに至るまでの状況をメモに取っておくことが大切です。病院に駆けつける前の病気や症状、実際に医師に受けた説明、治療内容及び予後の運び、医療過誤を疑った原因などをメモに書きとどめておき、相談の際に考慮することで、有利な判断材料として事を運ぶことができるのです。

医療過誤が確認された際の対処方法

自分や家族の病院治療で、医療過誤が疑われる事案が発生した際に、すぐに担当医や病院に詰め寄る方がおられますが、落ち着いてまずは医療訴訟に詳しい弁護士に相談しましょう。 感情的になる気持ちはわかりますが、カルテの閲覧などは医師の自由意志が認められているため、万が一訴訟にでもなれば、病院側が気分を害し、カルテの改ざん等を行なう可能性も否定できません。診察記録などの証拠となる資料は、全て病院側が保有していることを忘れないようにしましょう。 また、すぐに弁護士に相談することで、証拠保全の可能性が高まるというメリットがあります。医師法でカルテの保存は最低5年間と定められていますが、診察記録の中には保存期間が規定されていないものもあるため、廃棄を防ぐためにも、医療過誤が疑われる場合はすぐに弁護士に相談するようにしましょう。

医療訴訟に必要な弁護士費用の内訳

医療過誤により実際に訴訟に発展する際、患者側の代表的な心配事の一つに弁護士費用があります。弁護士費用と書くと、一括で支払われる費用のように感じるかもしれませんが、弁護士費用は大きく分けると相談費用、証拠保全費用、訴訟費用に分けられます。 相談費用とは弁護士に初めて医療過誤について相談する際にかかる費用で、相場は30分で5000円から10000円とされています。ただし、弁護士事務所によっては無料のところもあるようです。 次に証拠保全費用ですが、これは弁護士への手数料や証拠保全にかかる費用で、写真代や印紙代など様々な費用が含まれます。 最後に訴訟費用ですが、これには、着手金や報酬金、日当が含まれます。着手金は訴訟の前に支払われる費用で、訴訟に発展するかどうかに関わらず、弁護士が着手した時点で支払う必要があります。一方、報酬金は裁判が終了した際に支払われる費用で、結果によって価格も変わってきます。 このように、医療訴訟を行なうには弁護士費用としてある程度のお金を準備する必要があります。支払いが困難な場合は、法律による扶助が適用される場合もありますので、適用可能か、あらかじめ確認しておきましょう。

Menu